このブログを検索

2018年5月31日木曜日

大きくなるということ

私より少しだけ年配のそのシェフは今や日本を代表する料理人となった。

30数年前、そのシェフの料理を当時オープンしたての四谷の店で食した時の感動は忘れなれない。こういう店に来られるようになりたいとぺらぺらの薄い財布を見ながら思ったものだ。

その後、日曜日に自由が丘にあったシェルガーデンという高級スーパーで彼を見かけた。休日であろうに並べられた食材を手に取り顔に近づけていた。近くには奥様と思しき女性が一人いたが彼の姿は真剣そのものだった。

それから数十年が経ち、彼の名声は高まり、テレビにもよく出演するようになった。素材についても彼は地元産のものはもとより、日本全国美味しい食材を集めてその技術で最高の料理を提供していた。恐らく焼尻島のミネラルの豊富な草を食べて育ったサフォーク種を膾炙させたのも彼と銀座に店を持つTさんが最初ではあるまいか。

それからさらに数十年が経過し、彼の店舗数もだいぶ増えたが想像していたようには増えていない。彼のメインの仕事はラクビーW杯の最高顧問に代表されるような名誉職が多くなった。それはそれで彼の努力の賜物だから賞賛したい。

とある土曜日、そんな彼の元で研鑽を積んだ若手のシェフが北鎌倉に新しくお店を出したと聞く。財布も大分厚くなったので予約してランチに伺う。

鎌倉の土日は身動きが取れない。ならばと蜑戸から海水で錆びたビーチクルーザを引っ張り出し。あの坂を登ってやってきた。

つくや否や、自転車の置き場所を尋ねると一人のスタッフはここでもう少し手前にと言っていた矢先に、その錆び付いた自転車一目見るなり奥から別の女性が走ってきて、当店に自転車置き場はありませんときっぱりという。私はこのまま帰ろうかと思ったが、「料理は美味しいので食べていってください」との別の女性の一言で思い留まり食事をした。この時帰っておけばよかった。

料理は前菜が7種、メインは魚介別々に調理し、その上からブイヤベースを掛けるというものだ。そしてそれに合うワイン3種類。

詳細は省こう。まず前菜はどれもコストのかからない食材である。コストはいい。美味しければ。調理法も何もあったものではない。家で食べているラペの方が断然美味しい。メインのスープも凝縮して濃厚とあるが旨味が出ていない。この魚介のスープでは五反田にあるTシェフのスープが白眉である。簡単な手法なのに旨味が詰まっている。ここのものはその半分程度の凝縮さだ。

とまあ最初は否定していたが、よくよく考えてみると組織やお店が大きくなると人によってその見方が変わっていしまう。例えば十二単衣を着ていた女性そのものを見るのではなく、上衣の色を見るもの、その刺繍を見るもの、足袋を見るもの、顔を見るもの一人一人一様である。来ている人の本質(中身)を全員が見ているものではないのだ。

そういえばとある飲食プロデュースクループに入った恵比寿の中華もそうだった。

組織や店が大きくなると色々な解釈をする人が増えるのだ。数十年前私は上場を目指したらどうだと証券会社の人に言われた。その時に「私の会社は大きな商店でいいんです」と苦笑いしながら答えたことは今考えると満更間違っていたわけではなかったようだ。

※写真は本文とは関係ありません。




2018年4月5日木曜日

清明 捨てば満ちる

今日は二十四節気の一つ清明です。春の清らかな気が満ち、草木が萌え出る様子です。

今日はとても清々しい気持ちです。何故かというと、昨日、一杯の中華蕎麦を食べて心も体も満足したからです。料理の美味しさもさる事ながら、その店主の師弟の関係や発展も含めて素晴らしい正の循環を垣間見る事ができたからです。

私たち人間は生まれた時には自我がありません。成長するに従い社会的適合性を持つために自我が発達します。これは必然です。しかしながら、行きすぎた自我というものがあり、仏教ではこれを強く戒めています。

自分と他人を分けるのは仕方ない事です。何を今更と言われかもしれませんが、この分け方が問題なのです。自分にとって都合良い事ばかり優先して、他人は別と言い切る。

私の知っている家族で自分の家の前の道路しか掃除をしない人がいます。雪かきも同じですね。その人に言わせると「フランスでは道端に犬が糞をしても取らない。何故ならそれを職業としている人を失職させてしまうからだ」と。そうでしょうか。

親は子供を育てるのに見返りを求めていません。求めているとしたら既にいびつな親子関係と断言します。その見返りを求めないのは、自分と子供がいわば一心同体だからです。
子供の痛みは親の痛みでもあり、子供を救うためなら自らの命さえ厭いません。

それが何故家族を超えると急に他人として分け隔てをして、利己的に振る舞うのでしょうか。

先ほど仏教の話をしましたが、自分も他人も繋がっていてそれを「縁」というのです。

何気ない他人との交わりが結局「縁」となって自分に返ってくるのです。そう分かると何事も関係ないじゃなくて、すべて繋がっていると理解できるのです。

さりとてこの事ばかり意識したのでは、自分のための他人への行いになってしまいます。
偽ボランティアに他なりません。

震災の時にマスコミに取り上げられた偽ボランティアの多かったことか。彼らは自らの主張をこの時ばかりと利用して、本当に他者のために無償の救済をするためにしているのではないからです。その証拠に偽ボランティアは今は何一つ残っていません。

 NHKのニュースキャスターをしていた女性が先月末退局しました。

彼女の散り方は実に清々しく、その応対に私は驚かされました。

道元の言葉に「捨てば手に満ちて」というものがあります。多くを持ちすぎたり、引きずりすぎると新しい何かが手に入らない。いつも心を軽やかに清くいることでまた戻ってくるというものです。まさにその言葉通りです。

今までの経験や肩書き、プライドなど何にもなりません。あるのは心軽やかに清々しくいることです。清明の日にふさわしい事ではないでしょうか。



2018年3月2日金曜日

Affalterbach/Stuttgart/Leonberg

Affalterbach/Stuttgart/Leonberg

 私の好きなものを3つあげろと言われれば、犬と車とワインということになります。
 ワインは別として偶然この好きなものが近くに集まっているのです。


 Leonbergerは名前の通り、ドイツのLeonberg市の紋章でもあるライオンに似た大型犬を作出したいというブリーダーにより作り出されました。先代のサクラはこの犬種のスタンダードからするとやや小型でしたが、気立ては優しく、他の犬と一度も喧嘩をしたこともありませんでした。享年13歳と2か月で虹の橋を渡って行きましたが、私にとってこの13年は彼女との幸せな時間でした。


 私の車遍歴は30代のLANCHに始まり、FORD,DEFFENDER,RENGE ROVER,BMW,Mercedes・・・台数こそ多いものの、全く持って脈絡も統一性もありません。

 私は密かに艾年を過ぎてから911に乗ろうと決めていました。初めて911に乗った時のハンドリング、シャシーの合成、足回りの素晴らしさは今まで乗ったどの車とも違いました。水平対向6気筒エンジンはキイを回すとブルッと唸るもののすぐに治まりその素性の良さは驚くものでした。私はそれ以来911のファンになりました。私の911カレラSはフォルクスワーゲンに買収される前のものです。製造場所はあのマークの跳ね馬の紋章を持つStuttgart市です。この車好調で8年近く経過しても入院は一度もありません。メンテナンス費用は驚くほど安く、保険料だってそんなに高くありません。今も大切な相棒となっています。

 そしてもう一台、前述した大型犬を運ぶために荷室の広いゲレンデを購入していました。このゲレンデはSOHC 5000ccというストロークが大きく、トルクのあるエンジンでした。その後改良されてDOHC 5500ccのものや、ディーゼルエンジンも作られましたが、私の食指を動かされるものはなく、ただ唯一、私には不相応と思っていたG63が素晴らしいと感じていたのでした。
 ところがこの私のゲレンデも10年の月日が過ぎ、10万キロを超える走行となり、内装も大分系年経過を感じるようになりました。私は数人の懇意にしているディラーのサービスマンの知り合いがいます。彼らは純粋に車が好きで、そして楽しく語り合える人たちです。そんな一人からこの新しいゲレンデを紹介してもらったのです。色も前と同じ白。そして何よりG63です。もちろん不相応なのは分かっています。でも後何年こうやって車を運転して楽しめるのでしょう。それにお金は天後(地獄)に持っていけません。やはりAMGのエンジンは素晴らしい。5500ccのエンジンにツインターボ、実は12気筒のBMWにも乗っていたことがありましたが、12気筒のうち4気筒は何時もお亡くなりになられていて実際には8気筒で走っていたような気がします。笑。AMGがドイツのAffalterbach市にあると知ったのはその後でした。AMGのマークのリンゴの木もこの市の紋章からとったものです。

 そうそう6月にもう一つ、我が家にやってくるのです。そう、Leonbergerのパピーです。






2018年1月16日火曜日

ラブラドールとシャルドネ

 我が家には10か月になる茶色のラブラドールの女の子がいます。すでに3代の犬を飼っていたので犬の躾は大丈夫だろうと嵩をくくっていたら、子育てを忘れていた孫のような扱いに犬も知ってかしらずか、中々言うことを聞きません。これはまずい犬のためにならないと育児書を引っ張り出して親業を一から始める始末です。
 我が家のラブラドールは茶色ですが、父親はイエロー、母親はブラックだそうです。中学の時に教わった優性遺伝というものらしいです。ですから、祖父母のどちらかが茶色ということになります。
 ところで話は変わりますが、ワインの葡萄の品種として今では広く膾炙しているシャルドネはラテン語のCardonnacumという言葉が語源のようでその意味は「シャルドン=あざみで一杯の土地」だそうです。
 このシャルドネはピノ・ノワールとグーエ・ブランという葡萄の品種を両親に持つことが、フランスとアメリカの二つの団体のDNAの共同研究で昕にされました。父は赤ぶどうと母は白ぶどうということになります。反対でもいいんですけどね。
 そしてこのシャルドネの特徴は何と言っても色々な土地に適応できることだそうです。
カソリックの修道士たちによってフランスの各地に広まっていった様子が容易に想像できます。
 この母方のグーエ・ブランという品種はあまりに質が悪いので、フランスでは栽培が禁止されているほどですが、しかしながらその歴史は古く3世紀まで遡るということです。そしてこの二つの交雑によって実に様々な葡萄の品種(アリゴテ、ガメイ、オーセロア、ミュスカデなどなど)が生まれ、各地に定着していったようです。
 生物の持つ多様性と将来はDNAの二重螺旋のように絡みながら、陰と陽の如く、現れては消え、消えてはまた現れる。中々、感慨深いものがあります。


2017年5月24日水曜日

犬を飼うということ

一昨年13歳でゴールデンレトリバーの男の子が、そして先月14歳と78日でレオンベルガーの女の子が虹の橋を渡ってしまいました。
私が犬を飼う(完全に自己の責任によって)ようになって3頭目です。
知人の中にはこの別れが辛いから飼わないという人もいます。それは私も分かります。
犬は赤ちゃんの頃から面倒を見ているので自分の子供のようでもあります。その子を見送るんですからその辛さや寂しさはひとしおですからね。
芸能人で動物好きので有名なTさんは犬は断じて家族ではないと言います。家族だったら死んでも次を飼うことはできないからだと。でも死別して再婚する人もいるわけですからそれもどうかと。
ただ一つ、言えることは犬のいない寂しさは犬でしか埋められないと。
先月も死んだ2日後に孫たちが横浜に遊びに来ました。確かに賑やかで一瞬寂しさも忘れられますが、やはりぽっかりと空いた穴は塞がってはくれないのです。
超大型犬の14年といえば人間の110歳です。天寿補全うしたとも思いますが、それでも1日でも長く生きていてほしいと密かに希望をしている自分たちがいるのです。
3頭の中で2頭は私の腕の中で息を引き取りました。それがせめてもの救いでした。
私の人生の記憶を辿れば、全ての場面に犬たちが関わっています。
楽しい時も、辛い時も、そして寂しい時も、あの子たちが居なかったらと思うと、私などどうなっていたか分かりません。
あと2日で月命日になります。自分の年齢を考えるとレオンベルガーのような大型犬の介護を一年半経験した事で、今後の10年先体力が持つのか、つい躊躇してしまいますが、やはりそこは考え直して、そのためにも仕事を頑張って、いざとなれば専属の介護人を雇う位の気持ちに切り替えました。そう、犬のいない生活は私には考えられないと言う結論です。犬との出会いは「縁」です。最初に会った時、家に来る子は何かピッとくるものがあります。そして其の1頭1頭の性格も全部違い、同じ犬種でも全くの別の犬です。ですから前の子と比べるなんてことはないですね。
これからどんな「縁」でどんな子が我が家にやってくるのか分かりません。でも其の子たちの命が天命だとしたら最後まで一緒にいて命の限り付き合ってあげることが、犬を飼うと言うことなのではないでしょうか。
犬のためならハワイもサーフィンもロードバイクも全て犠牲にしても余りある生活があるのですから。

2016年7月25日月曜日

Car Graphics #Spesial Edition


Geländewagen

 

私は現在2台の車を所有している。一台は2008年式911PORSCHE CARRERA S

そうポルシェがホォルクスワーゲンに吸収される前の車だ。シュトットガルトで作られている。

もう一台がG500、ゲレンデワーゲンである。もちろんこれ以上に素晴らしい車はいくらでもある。しかし、私の琴線を触れ、どうしてもこの2台の代わりにガレージに留め置きたい車は今のところ存在しないのだ。

初めに断っておくが私が乗ったことの無いゲレンデについては何も言えない。つまりここで説明できるのは2006年式以降のゲレンデについてである。少なくとも2006年式以降の日本発売のゲレンデには全て試乗したのでここにその試乗記を残すことにした。

 

G500   2006~

これが私の乗っているゲレンデである。走行は10万キロに近づく。塗装のあちこちに飛び石の傷が目立つ。ゲレンデを購入しようとしているのならばまず普通の車と違って大きな風圧を前から受けることを覚悟しなくてはならない。100キロで走っていてもその風切音は120、130キロ出しているのではないかと驚かされる。夏場は虫がベタベタと体当たりしてくる。よって薄い色はこの虫落としが一作業になる。

今まで3度のパンク、そして2回のアクセルジョイントの破綻を除けば、V型なの油漏れもさほどでもなく、電気系統の故障も少ない。これ以前のゲレンデ所有者が言うように、直線の窓ガラスがストンと落ちるのも今のところ発生していない。ただし、パンクしたら自分で変えようとはしない方が賢明である。何せ2トンを超える重さ、タイヤの重さも半端じゃない。もし高速でタイヤが転がれば大事故である。牽引でなく架台のレッカー車を呼ぶことをお勧めする。この車との一番の思いでは軽井沢での大雪である。とにかく一晩で90センチ以上降雪し、完全に陸の孤島になった。コンビニにはヘリで商品を輸送し、他4WD車は全く役に立たなかったが、自衛隊の車両とスノーソックスのゲレンデは何とか移動することが出来たのである。


 

G550 

この車は言わば排ガス規制のため、燃費効率の悪いSOHCからDOHCに変え、トルクの不足する分をボアアップで補う、言わばマイナスとプラスの相殺をしているような車だった。乗った印象は高速ではSOHCのゲレンデより静かでエンジンも滑らかより乗用車風になったが街場の低速トルクの不足は歪めなかった。何より安全基準で付いたサイドミラーが好きにはなれなかった。

 

G350  BLUETEC

やっとメルセデスのディーゼル復活かと喜びもつかの間。全て右ハンドル、事務所の車庫には収まらない。試乗してみると街中ではキビキビ走る。2トン超えの車体がブルーテックと上手く連動している。他のメーカーのようなカラカラ音もほとんどしない。ただし、高速に行くとある一定以上で急速にトルクが無くなる。言わばスカスカ。街乗り専用なら良いかもしれない。



 

G63 AMG

以前G55に乗ったことがある。パワーはあるけど止まらない。煩い。

これは良い。パワーは十分あるのに使い方を上手く手に入れれば大人しくジェントルに振る舞う。

強化されたサスペンションも大口径化したタイヤもオンロードハンドリングに恩恵を与えてくれる。内装もソリッドで好きだ。瑕瑾なのはお値段。でも欲しい。


 




G65 AMG

メルセデスAMGは最高機種に必ず12気筒エンジンを使う。好き好きだが12気筒エンジンは扱いに難しい。ピーキーなトルクカーブで電子制御の上手く行かない以前の12気筒は半分くらい気筒が死んでいる物が多かった。これは私には完全にオーバースペック、オーバークオリティ。オーバープライス!!

 

G550

最新型の550である。実は大変楽しみにしていた。4000CCにダウンサイスしながら(このエンジン現行のC63やGTと同じ)スーパーチャジャーでなく、ターボチャージャーを2機配置したもの。乗ってみると以前のG55にそっくり。足回りや所作は大人しくなったけどこれ完全にG55ですよ。決してすごく乗りやすいということもない。G63と比べると???

可変ダンパーは機械式、よってほとんど乗り味に変化はない。価格の大幅アップ。(そりゃそうでしょG55買っていた人怒りますよ)ウォルナットの内装が今ひとつ好きになれない。





 

追記

試乗を終えて、10万キロの愛車に乗り移り暫く運転していて・・・・10年たっても基本は変わってないということか・・・・・でもスペックより何より、このDINASOURな佇まいか好きなのだ・・・変わらぬ魅力・・・

 

2016年7月

2016年6月12日日曜日

サーフィンのお話 乗り方は自由!!


 

40年近く(なんとか)サーフィンを続けてきた身としては振り返ると多くのことが見えてきます。

私が始めた頃、ロングボードは見かけませんでしたが、完全にショートボードというわけでもなく、ロングからショートへのトランジッションの時期でした。

アルバイトをして貯めたお金で初めて買ったボードはT&Cのデーンケアロハモデルの7.7でした。シングルの今で言うトランジションボードです。

その後、瞬く間にショート全盛の時代になり、いつの間にか私のボード古臭いDINOSAURなものになっていました。

私もみんなにつられて5.1AIPAのツインフィンに乗り換えましたが、これが癖のある代物でそれまで楽しかったサーフィンが少しつまらなくなってしまいました。

コンテストにおいても如何に派手なパフォーマンスを見せるかが競われ、優雅なスムースなサーフィンは陰を潜めました。

それから月日は流れ、ジョエル・チューダーに牽引されロングボードは完全に膾炙されるようになりました。

私もすぐさまロングを買ったのですが、その板はボンガパーキンスが乗っていたようなロングなのに良く動くアグレッシブな板でした。コンテストにおいてはまだ派手なカットバックやフローターが高得点をあげていたのですからそれも仕方のない事でした。

ところがワールドチャンピオンを獲得したジョエルが突然コンテストから身を引いたのです。彼は独自のサーフィン哲学を持って新たにダクトテープなるものを主催し今も乗り続けています。

この頃から本格的なロングボード多く作られるようになったと記憶しています。

今持っているジョエルの9.4ノーズライダー、クリスクリステンセンの9.6のグライダー、ボブオルソンの10など今持っているボード達です。

2008年ころからまた新しいムーブメントが起こり始めました。オルタナティブ系と呼ばれる人たちです。タイラー・ウォーレンなどその代表でしょう。

彼らは70年代のアウトラインを持ったミッドレングスと呼ばれる板を使い、流れるようなサーフィンを特徴とします。ノーズに行くことよりも波と一体になってスムースなサーフィンをするのが真骨頂です。

こうして私のサーフィンを始めた時のようなトランジッションボードが世に送り出されてきたのです。

もちろんコンテストの世界は厳然と存在し、その中で高得点を上げるにはそれなりの技が必要なのは変わりありません。

しかしながら今は選べる時代になりました。当時のようにロングかショートかではなく、ロングもいて、ショートもあって、トランジションもありという多様性を持ってきたのですから、今サーフィンを始める人は本当に幸せです。どんなサーフィンをしたいのか、それを考えボードを選ぶことが出来るのです。

私も家人には内緒でチョコレートフィシュの7.1のミニグライダー購入しちゃいました()